二十四節気七十二候
大暑
7月23日〜8月6日

季節の気配  「夕立」
星座・へびつかい座

2020 第34候大暑初候
7/23 7月23日〜7月27日  準備中で 
 
涼風至る【涼風至】 すずかぜいたる


秋の涼しい風が吹き抜けるという意味だが

実際にはまだまだ猛暑日が続く。

夕暮れには虫の音が聞こえ始める。
サルトリイバラ
PHOTO BY MASAHISA NAKAGAWA
涼風至る【涼風至】
夏至と秋分の中間で、この日から立冬までが「秋」となる。

青物 イチジク
魚介 フナ
カササギ
草花 グラジオラス・エゾルリソウ













2020 第35候大暑次候
7/28 7月28日〜8月1日
土潤ってむし暑し【土潤溽暑】】
つちうるおってむしあつし

時おり大雨が降るこの時季は潤った地面
から陽炎が立ち上がり、息を吸うだけでも
暑く感じられる。
草木の成長は勢いを増す。
田畑では秋に向け作物が実り始める。

ヒャクニチソウ
PHOTO BY MASAHISA NAKAGAWA
青物 レタス
魚介
夜鷹
草花 百合・胡蝶蘭











2020 第36候大暑末候
8/2 8月2日〜8月6日
大雨時々降る【大雨時行】
おおあめときどきふる

雨が降ろうが夏はまだ去らず

台風や集中豪雨が続く時季であり、晴れ
ていてもにわかに夕立が訪れたりする

もくもくと夏空に湧き上がった入道雲は
夏の代名詞。

大粒の雨にも厚さは去らず、降り注ぐ
蝉の声に汗が流れる。

早乙女花
PHOTO BY MASAHISA NAKAGAWA

青物 モロヘイヤ
魚介 太刀魚
おおるり
草花 さるすべり きばなあきぎり そばな