二十四節気七十二候
穀雨
4月20日〜5月4日

季節の気配  「茶摘み」
PHOTO BY MASAHISA NAKAGAWA

第16候穀雨初候
4月20日〜4月24日
2021 2022  準備中で 
4/20 4/20  
ドウダンツツジ
チゴユリ

【葭始生】 葭始めて生ず


水辺に葦が芽吹く晩春

枯れていたように見えていた

葦も芽吹き始める。


穀雨

煙るようにしとしと降り

百穀を育てる恵みの春雨
涼風至る【涼風至】
煙るようにしとしと降り、百穀を育てる恵みの春雨

青物 /こごみ
魚介 /めばる・蛍烏賊
生物 /こあじさし
草花 /牡丹・つくばねあさがお・ハルジオン


第17候穀雨次候
4月25日〜29日
2021 2022
4/25 4/25
白山吹
ミツバツツジ

【霜止出苗】

霜止み苗出ず

夜間に霜の下りる事も

なくなり、苗も育ち田植え

の準備が進む。

農家では活気が満ち溢れる。
忘れ霜

「八十八夜の忘れ霜」ろいう諺もあるように

晩春の頃に降りる最後の霜を忘れ霜と呼び

農作物に被害の出ないように昔から

要注意している頃
青物 /春キャベツ
魚介 /ヤリイカ
生物 /コアジサシ
草花 /ツツジ・ハナミズキ・レンゲソウ


第18候穀雨末候
4月30日〜5月4日
2021 2022
4/30 4/30
ガマズミ
ホウチャクソウ

【牡丹華】

牡丹花咲く

晩春に華麗に咲く花の王者

夏の兆しが感じられる頃に

崩れるように散る姿は春の

終わりを思わせる。

新茶の季節

立春から数えて八十八日目前後に

茶摘みが盛んに行われる。

一番茶は味も香りも格別である。

青物 /さやえんどう
魚介 /あいなめ
生物 /オオヨシキリ
草花 /牡丹・つくばねあさがお・ハルジオン