二十四節気七十二候
啓蟄
3月5日〜3月19日

季節の気配  「初雷」
PHOTO BY MASAHISA NAKAGAWA

第7候啓蟄初候
3月5日〜3月9日
2021 2022  準備中で 
3/5 3/5  

ウメ シロワビスケ

【蟄虫啓戸】 

すごもりの虫戸をひらく

眠っていた虫たちが動き出す

冬眠していた虫たちがもぞもぞ

と起き出してくる様子。

自然界がいきいきと活動を

開始する。

芽柳

芽吹き柳・芽張り柳・春柳・新柳等様々な呼び方で

愛でられてきた。

「柳生」も柳の芽が出る事。

その芽は「柳眼」とも呼ばれた。
涼風至る【涼風至】

青物 /タラの芽・伊予柑
魚介 /さわら
生物 /カワラヒワ
草花 /すみれ・スイトピー



第8候啓蟄次候
3月10日〜3月14日
2021 2022
3/10 3/10
クロッカス

【桃始笑】桃始めて咲く

桃の蕾が咲きかける時季。

競うように桃の花が咲始め、

漂う香りが春を実感させて

くれる。

昔は花が咲くことを「笑う」

といった。
桃花水(とうかすい)

桃の花の咲くころ、雪や氷が溶けて

大量に流れ出す水の事
青物 /花わさび
魚介 /鰊
生物 /モンシロチョウ
草花 /桃・芝桜・杏



第9候啓蟄末候
3月15日〜3月19日
2021 2022
3/15 3/15
ミツバツツジ シロワビスケ


【菜虫化蝶】
菜虫蝶と化す

陽光に蝶の羽が美しく輝く

菜虫が華麗に蝶となる

菜虫とは大根などにつく

青虫の事。

菜の花曇り

菜の花が咲くころの曇り空


青物 /ぜんまい
魚介 /アサリ
生物 /ヤマトシジミ
草花 /レンギョウ・ショウジョウバカマ