立秋
8月7日〜8月22日
星座 へびつかい座


photo by masahisa makagawa


ヤマボウシの実

2020 第37候立秋初候
8/7 8月7日〜8月11日  準備中で 
 
涼風至る【涼風至】 すずかぜいたる


秋の涼しい風が吹き抜けるという意味だが

実際にはまだまだ猛暑日が続く。

夕暮れには虫の音が聞こえ始める。
ルドベキア・タカオ涼風至る【涼風至】
 
夏至と秋分の中間で、この日から立冬までが「秋」となる。



青物 イチジク
魚介 フナ
生物 カササギ
草花 グラジオラス・エゾルリソウ





2020 第38候立秋次候
8/12 8月12日〜8月16日
ヒグラシ鳴く【寒蝉鳴】ひぐらしなく


蝉は世界に約2千種、日本には32種類

いるとされている。

この時期がピークで、午前中はクマゼミ

午後にはアブラゼミやツクツクボウシが

夏の終わりにはヒグラシの鳴き声が聞こ

えるようになる。
ミソハギ

お盆は正式には「盂蘭盆会」と言って、お釈迦様の弟子のお母さまを供養したという

仏教の伝説が由来です。8月13日〜15日が一般的です。

迎え火で先祖をお迎えして、お盆の最終日には送り火を炊いてお見送りします。

京都の「大文字」の送り火は有名です。

青物 桃・冬瓜
魚介 いなだ
生物
草花 キツリフネ・サラシナショウマ



2020 第39候立秋末候
8/17 8月17日〜8月22日
濃霧昇降す【蒙霧升降】
のうむしょうりゅうす


残暑が厳しい時候だが、朝夕の空気に

ひんやりした物を感じるようになる

森や水辺の早朝に霧が立ち込める様子が

見られる。

春も同じ現象が起きるが、これは「霞」

と呼ばれる。
イヌタデ
青物 カボス・鬼灯
魚介 コチ・スズキ
生物 オンブバッタ
草花 ひまわり・すいれん