二十四節気七十二候
清明
4月4日〜4月18日

季節の気配  「春しぐれ」
清明とは「清浄明潔」の略で春の清らかでいきいきした様子
PHOTO BY MASAHISA NAKAGAWA

第13候清明初候
4月4日〜8日
2021 2022  準備中で 
4/5 4/5  
にほんさくら草 まるばたちつぼすみれ


【玄鳥至】つばめ来たる

のどかに晴れ渡る日々

南方より燕が飛来する頃

万物に晴朗の気が満ち始める


花祭り

お釈迦様の誕生日

「灌仏会」「仏生会」には古くから

色々な行事が行われてきたが、

江戸時代には花を飾った花御堂に

誕生仏をお祭りするようになった
2023 2024
4/5 4/4
ペチコートスイセン ミツバツツジ


雁が帰って、燕が渡ってくる

出会いや別れを暗示させながら

希望を感じる空


「玄鳥」の玄は黒を表す

黒い背中と白い尾

「燕尾服」という名の語源になった

ふたつに切れ込んだ長い尾


青物 /ニラ
魚介 /さざえ
生物 /燕
草花 /モクレン・水芭蕉


第14候清明次候
4月9日〜13日
2021 2022
4/10 4/10
ホウチャクソウ
ソメイヨシノ


【鴻雁北】雁北へ帰る

燕の飛来と入れ替わりに

雁が北方へと帰って行く姿が

見られる。

日永と短夜

同じ事だが、「日永」は春

「短夜」は夏の季語になる。
2023 2024
4/10 4/9
山芍薬
玉之浦椿


四月十三日に行われる「十三参り」は

「知恵貰(ちえもらい)」

「知恵詣で」とも云われ、虚空蔵菩薩から

知恵を授かり厄落としをする行事


「鳥曇」とりぐもり

かつては雁が帰るのをどこででも見られたとか

子供達は

「竿になれ〜鉤になれ〜」

まっすぐになれ〜鉤型にならべ〜と


囃し立てて見送ったそうな・・・・

青物 /よもぎ
魚介 /鰹
生物 /
草花 /紫蘭・踊子草



第15候清明末候
4月14日〜18日
2021 2022
4/15 4/15
ウワミズザクラ
ミツバツツジ


【虹始見】虹始めて見る

春はまだ浅く天候は不安定

春雷をともなうにわか雨が

止み、雲間から虹が浮かび上が

る事があるが、夏の虹とは違い

淡くてすぐに消えてしまう。

その分印象深い。

初虹

もうすぐお目見えかな

今年初めて見る虹は嬉しくて

人と人との架け橋にもなってくれる

2023 2024
4/15 4/14
黄水仙



空気が潤う為に雨上がりに虹が見られる

虹は虫ヘン

空にかかる大きな虹を蛇に見立てた為と

されている

青物 /ジャガイモ
魚介 /トビウオ・桜エビ
生物 /ミツバチ
草花 /蛍カズラ・カーネーション