カレーうどんvsカレーそば


その10 1/8
醤油は隠し味

 お正月に「どっちの料理ショー」という番組を初めて見ました。

あんなんを見たら、絶対お腹がへるので、見ないようにしてたのですが、たま

たま、大阪の家族で見てたので、つい、見てしまったのです。

 案の定!その日のテーマのラーメンとカレーがむしょうに食べたくなったや

ありませんか!!!まあ、胡椒をインドまで探しにいったり、マグロ節を沖縄

近くの島で、釣って加工して、麺は北海道の旭川で打ってもらい・・・と、

どれをとっても美味しそうなんですよ!

カレーには最高級の牛肉が使われてましたが、それより、何より、わざわざ

インドまで行って買ってきた,取れたての胡椒がやたら気になりました。

もうもう!!!ありとあらゆる贅沢をつくしたカレーですが、なんと!!!

仕上げ使う隠し味が「醤油」だったのです。

これで味がぐっと引き締まるというから凄いです。

 早速普通のカレーで試してみましたところ、これがいけるんですよ!

と言うことは、大阪で、カレーに醤油をかけるのは正解中の正解でしょう?

まあ、いっぺん試してみてください。

その9 1/1
カレーに醤油は当たり前
 
 暮れに大阪に帰って、カレーの話になり、先日のホテルの野瀬ソースの事を

言うと「、ソースより、醤油でしょう!」という人がいて、びっくりしたら、

なんと大阪では、カレーの醤油派とソース派があるというじゃありませんか!

もちろん!早速かけてみました・・・美味しい!!!

早速、友人に電話をかけて訊いて見たら、「カレーに醤油は当たり前やん」と

当たり前に言われ「暮れの忙しい時に、女優はええなあそんなあほな事言うて

られてなあ・・」と又馬鹿にされてしまいましたが、そんなに、皆が醤油をか

けてるなんてショックでした・・・・。考えてみたら、そりゃ、そうや!

カレーうどんはうどんだしで作るわけなので、合わないわけがない。

何でこんな事今まで気がつかなかったのかしら?

 ラッキョに福神漬け、それにカレーには納豆がとてもよく合う。とくれば

これはもう、完全な日本食ではありませんか?どうしましょう・・・


その8 12/25
ふつーじゃないカレーPART2
 
 先日、野瀬さんの本「全日本 食の方言地図」をいただきました。

改めて読んでみると、えーー?となる事が以外に多く、1年間の出来事なんて

すぐに忘れてしまっているもんなんですねえ・・・と言うわけで、あの本を買っ

て読まれると、新たなる感動が貴方を待ってます!!!あはは・・・

 野瀬兄いに印税ががっぽり入ったら、ごちそうしてもらう事になっているので

売れたら嬉しいな・・・今までは「初版の野瀬」で有名だったそうですので、今

回のは、ぜひ再版してほしいものです。

 その本をいただいた時に、食事をしました。野瀬さんは歯医者さんの帰りで、

まだ食べにくいとの事・・・待ち合わせの都内某ホテルで、やっぱり今月は「カ

レー」でしょう・・・?というわけで、ビーフカレーとシーフードカレーを注文

しましたが、何と!そこで、野瀬兄いはウスターソースと生卵を注文するでは

ありませんか!私の影響で、「金払たら、なにやってもええ」と思てる大阪の

おっさんになってしまったのか???とびっくりしましたが、

ホテルのボーイさんは「生ものは置いてない」と堂々とお断り。生卵は確かに

生物です。はい。

ウスターソースはリーペリンのをテーブルに置いてくれました。

言うてみるもんでんなあ・・・初めはかけずに食べてみましたら、

これが中々美味しいカレーです。が、しかし!ソースをかけると、又びっくり!

もっと美味しいのです。これは、私だけではなく、野瀬兄いも認めたのです。

まあ、この勇気ある行動でやっぱりカレーにはウスターソースだと言う事が

はっきりと証明できたのです。

それにしても、生卵を置いてないホテルって???これからはトッピングに

するべきです!とは言うものの、ああいうマイルドなカレーにはソースだけの

ほうが美味しいでしょうなあ・・・


 
 2003年最後のページを飾るのは、「豆腐カレー」「アイスカレー」です

辛口のこのスープカレーは先に紹介しました、日本橋に通いつめて、大手の

コンピュータ会社をやめて、脱サラでカレー屋さんをはじめた「NAGAFUCHI」の

オリジナルですが、そこに、「冷奴」がどんどん!と入っているのです。

熱いカレーと冷たい豆腐の何とも不思議な取り合わせ・・・この店はNHKの

「試して合点」で、カレーに合うのが玄米という結果を見てから、これまた

研究して、おいしい玄米になり、今では白米は売れなくなってしまったそうで

す。そして、さらに凄いのが、「アイスカレー」冬は予約が必要ですが、

な・な・なんと!!!カレーのシャーベットが熱いご飯にのってるんですよ!

 冷たいご飯に熱いカレーをかけるのが好きやと書いてはった人がいてました

が、まあ、あれの反対で・・・なんて言うたら、永渕さんが怒るやろけど・・

 そして、ここのカレーには、納豆をかける人が多くて、

もう!「日式カリ飯」でしょう!

ウスターソースをかけてみたいんですが・・・中々言い出せないのです。


その7 12/20
ふつーじゃないカレー
 
 普通のカレーがあっという間に同じ材料で普通ではなくなる瞬間芸!

 カレーオムライスですよ!

あの織田作之助が愛した「自由軒」の名物カレーの上に乗ってる卵を、なんと!

焼いて「あんじょうまむしてある」カレーライスをくるんでしもたわけで、中身

はれっきとしたカレーライスです。生卵を混ぜると味がマイルドになるのですが

こっちは、ハードな辛さになり、見た目と全然ちがいます。

 でも、ケチャップよりソースの方が美味しいと思います。


その6 12/12
ふつーのカレー

 さて、大阪のふつーのカレーとは?

 卵を入れてもええ・ソースをかけてもええのがふつーなんかなあ・・・?



 法善寺横丁西の「インディアン」

「インディアンカレー」辛口です。「ルウw」「ww」「卵」「目玉」

ってわかりますか?これは注文する時に使う暗号です(?)

「ww」はルウもご飯も大盛り

「卵」は1こ「目玉」は2こ

ご飯3分の一に卵にピクルス というとピクルスの大盛りがきます。

あるのは「カレー」「ご飯」「ピクルス」「生卵」ですが、これをいかようにも

して食べさせてくれるのがここの魅力を一段とアップさせてると思ってます。

オリジナルのキャベツのピクルスが美味しい・美味しい!

ここはソースの注文をする人はいないそうです。


 難波元町の元祖とんかつカレーの「カツヤ」さん

ルウは3年ネカシタ熟成物で、水は1滴も使ってません。

カツは色々あります。テーブルにはソース・ガラムマサラが置いてあって、卵は

生卵・茹で卵・温泉卵と、至れり尽くせり!

カツはどれも美味しいはずです。「カツヤ」ですから・・・

ここより美味しいとんかつカレーを食べた事はまだありません

 
南の「自由軒」

「インディアンカレー」「名物カレー」ともいいます。

卵が入るので、まろやかになります。なんかちょっと物足りないな?と思うので

す。しかし、ウスターソースをかけると、丁度良い味になってくれます。

地方から来た人が、(この場合東京方面が多いのですが・・・)名物カレーを

わざわざ食べに来て、首をかしげてる時が良くあるんです。そう言う時には、必

ず「ソースをかけてみてください」とおせっかいにも勧めます。ソースをかける

と今までの経験では100%納得してくれました。

おじさんが1人で、串カツでビールを飲み、後でカレーを食べるのを良く見かけ

ます。たまに、ハムサラダで黒ビールを飲んでる人を見ると、インテリかな?

とか大学教授かな?と思ってしまうのは何故でしょうか?


 別カレーというのが、一般的にカレーといわれる物でして・・・

ご飯は「白ライス」です!!!

その6 12/11
カレーうどん専門店

 さすが名古屋!カレーうどん専門店があるなんて!その「若鯱屋」へ早速出か

けましたがね・・・なんと!味噌煮込みならず、「カレー煮込み」があったのに

は驚きました。ぐつぐつのお鍋が運ばれてきて・・・汗をたらたらかきながら

いただきました。中々美味しい!卵もはいってます。

 ご飯にかけたら即カレー・・・なんか得したような気がしましたが・・・?


 そして、日清から出てました!!!その名も「若鯱屋」

家でカレー煮込みを作ったところ、かなりいけました。もうお店で食べるのと差

がない位です。普通にお湯をかけるのではなく、ちゃんとお鍋で煮込むと美味し

いですよ!卵も忘れないように!!!

その4 12/8
大阪カレー物語

 家のすぐ近所の住吉大社駅にカレー家が出来たのはいつの頃でしたか・・・

本格的な印度カレーで、特に超辛口のキーマカレーはスパイスいっぱい!って

感じで刺激的でした。チキンカレーと日替わりのカレー、そして、タンドリーチ

キンとナンにターメリックライスとちゃんとしたカレー屋さんでした。

ココナッツやらピクルスも自家製ので凝った店だったんですが、今はもう・・・

ありません。その代わりにすぐ近くで喫茶店で、パンも売ってる店が登場して、

そこに密かに(?)キーマカレーが置いてあります。

 オーナーに訊きましたところ、こういうお客さんが毎日のようにやって来ると

いうのです・・・・・

「なんや、ここ・・・普通のカレーないのんか?」

「卵おくれ・・・生たまごや!」

「ソース置いてへんのか?!」

「オマエとこなあ・・・めしに色つけて干しぶどう入れたらなあ、お子様ランチ

 やでえ。めしは白やろ」

「ラッキョと福神漬けなしでカレー食えちゅうんか?」

「焼きぞこないのパン(ナンの事)はいらんでぇ」

「普通のカレーするようになったら又来るわ」

そうです!大阪で時々耳にするカレーです「普通のカレー」

さてどんなカレーなんでしょう???

明治創業の「自由軒」か戦後の「インディアン」か?

いずれにしても、ソースや卵を入れても良いカレーが普通なのではないのでしょ

か?ソースをかけさけてくれへん店は気取ってると思われるのが大阪なんですよ

・・・きっと・・・基本的精神構造のDNAに「お金払うのは自分」「お金払た

ら何しても自由やん」というのがきっちり組み込まれてるからやとある先生は分

析してはりますが・・・はてさて?


味がマイルドになっているキーマカレー ご飯も白くなりました・・・

でも美味しいカレーです!
COPAINの看板にこだわりの気持ちがありありと・・・!





その3 12/5
お江戸日本橋の印度カリー

 日本橋室町のビルの狭間に蔦のからまった2階建ての家があります。

店に電話はありません。朝10時半から始まって、売り切れたら閉店。

大体3時には閉まってしまいます・・・店の名前もなく「印度風カリーライス」

と「珈琲」って書いてあるだけです。

その通りで、他の物は一切なく、珈琲だけ飲みに来てる人を今までに見たことは

ありません。カリーは1200円。テーブルの上に氷水のヤカンと粉チーズがデ

ンと置かれてます。

味は超辛口で、独特の美味しさです。壺漬けたくあんが付いてきます。

取材は一切拒否!ですが、恐る恐る、伺ってみたところ、個人のHPに勝手に

載せるのならまあ良いでしょうとの事でした。まあ。通いに通っているので、

特別許可をいただいたわけで・・・

ここに通いつめて、大手の会社をやめて、カレー家を始めた

「NAGAFUCHI」と言う店が近所にあるのですが、

それくらいの魔力のあるカリーです!

印度風なのですが、印度料理の店でも本場インドでもこの味に出会った事はあり

ません。たぶん世界でここだけでしょう!!!




 1品のみを50年苦労して努力しても完成したと思ってないと書いてあります



 これは「ライス小盛」です。普通のはこのお皿に溢れんばかりになって出

てきます。



このお皿のふちに見える赤い唐辛子で、大方の辛さがおわかりいただける

でしょうか。じゃがいもが隠れてますが・・・・


その2 11/29
カレーが中華に!

 名古屋は当然の事ながら、カレーきしめんやろと思ってたら、「いやあ、カ

レー中華よ!」という人が多い???カレーが中華になるなんて!しかも、そ

こはれっきとした蕎麦屋での出来事だったりするから、やっぱり名古屋は凄い。

 名古屋コーチンのたっぷり入ったとろとろの熱々のカレー餡かけ中華です。

うんうん・・・うどんでもなく、蕎麦でもない・・・微妙な食感!

 お麩が入ってるのがわかりますか?嬉しいですねえ!カレーにお麩が!

ここは青葱ですよ!こうでなくっちゃ!!!



 そして、きしめんの方は決して負けてるわけではなく、ちゃんと、こういう

優れものがありました。さすが名古屋です。

 しかし、しかしながら、これらを合体させた「カツ入りカレーラーメン」が

大阪の日本一にはちゃんと存在してるんです。もちろんうどんだしです。

 
 名古屋万博で、イタリア人が味噌煮込みやカレーきしめんを食べたらきっと、

感動すると思いますよ!ぜひとも食べて帰ってもらってください。

 味噌煮込みの上にチーズを載せてトロトロにしてもいけそうですねえ・・・


その1 11/24
カレーって?

 やっと・やっと、甘い物から開放されました。

決して嫌いではないのです。が、つぶ餡物しか食べないもので・・・・・

したがって、ぜんざいに本饅頭というのは大好きです。

 時間が出来たら、感動的なつぶ餡物を御紹介しましょう!

 カレーとなると・・・きっとメールが殺到して、日経は大変な事に

なるのでは・・・と心配してます。カレーに魅せられると、とんでもない

事になりますから・・・


 インド人より良くカレーを食べると言われる日本人・・・

本当に様々なカレーがありますが、中でも大ヒットはカレーうどんでしょう!

カレーをうどん出しでしかも、片栗粉でとろみをつけるなんて!

これこそ、世界中で受け入れられる味やと思いませんか?
 
マイルドでしょう?!中途半端でしょう?!

マイルドというのは、早く言えば中途半端という事でしょうが!

そういうのは、世界的な味になれるんですよ!

お子さんからお年寄りまで安心して食べられるのがカレーうどんです。

 私の通ってた学校の食堂は、うどんとラー麺のおだしが同じで、カレー

うどんとカレーライスのルーが同じという、おそるべき食堂でしたが、誰

も文句を言いませんでした。黙ってそれを食べてました・・・

 残り物を冷蔵庫からかき集めて、適当に煮込んで、カレールーの素を入

れたら、OK!とお母さんのお助け神のような存在でもあります。

この事からわかるように、カレーは全てを包み込んでくれる、包容力のあ

る食べ物で、今や暮らしの中になくてはならない一品です。

 しかし、上をみたらきりがないのもカレーです・・・

 私は家に近所に美味しいカレー屋さんがあるので、本当に幸せやと思い

ますが、やっと、好きなテーマがまわってきたのに、今からは、仕事がめ

いっぱいで、行けないのです・・・・

 名古屋にもきっとあるでしょうから、探してみる事にして、飛び切りの

お店も御紹介出来たら!と考えてます。


あまりにも有名ですが、大阪の自由軒・インデアン・元祖カツカレーの店

東京は・・・・たくさんありますねえ!!!


 ああ、そうそう カレーうどんでしたね!