バングラディシュ料理「ジャラル」

ジャラルさんと共に

 バングラディシュ料理を食べる会にご参加くださった方

大塚武司・大野真澄・川口雅士・酒井雅子・佐々木達哉・笹倉克友・松本栄一
山口和彦・山本直和(お名刺を頂いた方敬称略御免)他の皆様方でした。

 皆様、博学の方ばかりで、私は色々教えていただきました。
日本で、ここだけしか食べられない料理ですので、珍しく、又優しい味にご満
いただけたようでした。とても初対面だとは思えない不思議な和やかさで、
あっという間に終りになってしまいましたが、又ぜひ集まりたいと思います。

ジャラルさんが、特別にバングラディシュから魚を取り寄せてくださいました。
タラのようなあっさりした物で・・・名前は・・ラテといったように思うのです
が・・
次にお聞きしておきます


「醍醐」という昔の食べ物がこの牛乳で作った調味料だという説と、いやあれは
チーズの事だという説がありました。さて、どちらなのでしょう?
ジャラルさんは「バングラディシュでは、これは1時間前に絞った牛乳と言って
いかに新鮮な物を売るかが勝負なのに、日本は何日もつか、という感覚なのが
不思議で仕方ない」と言います。これだけ流通が発達してる国は珍しいと思うの
ですが、何を、何の為に早く運ぶ必要があるのでしょうか?新鮮な牛乳を1分で
も早く買いたいという気持ちはなくなってしまったのでしょうか?
種の問題やら何やら・・・もっともっとお話したい事がたくさんあったのですが
優しいお料理を食べて、心が優しくなったみたいで、皆様とても良いお顔で、帰
っていかれました。というわけで、日本の食卓を考える・・・という話題にまで
いかない内に終わってしまったような気がします。でも、素敵な方ばかりでした
ので、次回を楽しみにしたいと思ってます。




 ジャラルさんがビールを・・・いえいえこれは日経の佐藤さんです。
雰囲気が何となく似てません?

世界のビールがあります。



 皆様初対面同士とは思えない和やかさで始まりました。



 成田からいらした大野さんご夫妻



 BARIHAIというビールを選んでみました。



 これがあの日経新聞の野瀬さんです!



 バングラディシュのお魚料理



 ジャラルさんが何時になく緊張気味でした・・・



 牛乳で作った調味料



 笹倉さんと、大野さんは、ぜひホームページに!と



 な・な・なんと某テレビ局の方もいらしてました・・・



 バングラディシュの国旗の前で、皆で記念撮影!!!



 NIKKEIサイトのオールスターキャストです

うふふ・・・どなたが誰で???踊りながら乱入するのは???












バングラデシュ料理

 初めて食べた時に、妙に懐かしい味に感じました。

インドのお隣なので、もっとインド料理に近いのかと思いきや、インドでもなく

タイでもなく、ラオス、ベトナムでもない・・・当たり前ですが・・・

バングラディシュ料理なのです。

ナチュラルフードです。ジャラルさんは出来る事ならバングラディシュで本物を

食べて欲しいと言います。本物とは、そう!種からが自然そのもので、日本のよ

うに、アメリカの影響を受けて、種の会社が種をいじくりまわして毎年種を買い

続けなければいけないような危険な事にはまだなってないようで、全てが安全な

物だと、胸を張ってます。せめて、スパイスだけは本物をと香り豊かな月桂樹を

見せて、いえ嗅がせていただきました・・・

9月6日はどんな料理と話題になるか、楽しみにしてます。


 
カリフラワーとお豆の料理・美味しい!
豆を使った料理が多いのです
手前がルティ、小麦粉と塩のみ、向こうがパロタ(+マスタードオイル)
白魚のお料理です
はい、ジャラルさんの秘密レシピです。

ジャラルさんの描いたバングラディシュの風景。この湖が乾季には肥沃な畑に!
ジャラル