二十四節気七十二候
立春
2月3日〜2月17日

季節の気配  「雪解け」
PHOTO BY MASAHISA NAKAGAWA

2021 第1候立春初候
2/3 2月3日〜2月7日  準備中で 
 
【東風解凍】はるかぜ凍りを解く

春風が吹き始め、氷が解け始める

東風(こち)という春風が東から

吹くが、まだまだ冷たい。

溶けだしたつららは透明に変わり

そこから雫がおちるなどの春の

兆しが見られる。
水仙
涼風至る【涼風至】
この日から立夏までが「春」となる。

青物 あさつき
魚介 伊勢海老
生物 メジロ
草花 雪割草・セツブンソウ
メジロ





2021 第2候立春次候
2/8 2月8日〜2月12日
【】鶯鳴く

うぐいすの鳴き声が暖かな春を告げる

山里で、「春告げ鳥」と呼ばれる鶯が

鳴き始める頃。
 瑠璃ビタキ
青物
魚介 アオヤギ
生物
草花 沈丁花・ビオラ
沈丁花











2021 第3候立春末候
2/13 2月13日〜2月17日
【魚上氷】魚氷に上がる

水の中の魚たちが動き始める。

川や湖の水がぬるみ、氷が割れて魚が

跳ねる様子をいう。

八重日本水仙

青物 高菜
魚介 イトヨリ
生物
草花 梅・日本サクラソウ・マツユキソウ